Selamat siang!

「ジャカルタはつまらない」
「おすすめ観光地がない…]

なんて言われることもあります。

たしかにジャカルタはバリ島のようなリゾート地で観光客だらけ….な街ではありません。

が、

ジャカルタにも、素晴らしいイスラム寺院や巨大なショッピングモール、中華街など見どころはたくさんあります。

今回は、

インドネシアの文化や歴史がわかるジャカルタ観光名所ランキング、そして渋滞のひどいジャカルタで効率よく観光できる在住者おすすめコースをご紹介します!

ジャカルタ観光名所ランキング5選!

5位.グランドインドネシア

まずは、

ショッピングモール激戦区のジャカルタなのでも最大規模のグランドインドネシアへ行ってみましょう。

モール内に2か所スーパーマーケットが入っていて、ローカル食材やブランド品、日用品など品ぞろえは豊富です。

西館3階にあるAlunAlunでは洗練されたお土産がたくさんあります。

かわいいバティックの子供服なんか日本では入手不可能でしょう。

「牛角」や「すしてい」など日本食のお店やオシャレカフェなどたくさんあり、まったりショッピングを楽しむことができます。

さらに、グランドインドネシアから歩いて行ける距離に、大型モールが二つあります。

一つはヴィトンやシャネルなどハイクラスブランドが軒をつらねる

プラザインドネシア

です。

もう一つはローカル系モールでバティックをたくさん置いているタムリンシティ。

インドネシアの正装の1つ、バティックがたくさん売られています。

 

View this post on Instagram

 

Yumiko 141さん(@141yumiko)がシェアした投稿

バティックは女性物もあり、ワンピースやジャケットなどデザインも様々です。

ジャカルタで働く外国人もスーツではなくバティックを着て仕事をする人も多いです。

ジャカルタ観光の途中でお気に入りの一枚を見つけるのもいいですね。

4位.コタのオールドタウン(旧バタヴィア)

インドネシア語ではコタトゥア(Kota Tua)ともいわれるコタのオールドタウン。

その名の通り、旧市街の古い街並みが楽しめます。

バタヴィア時代のオランダ統治時代の建物が建ち並ぶジャカルタの原点ともいえる場所です。

旧市街の雰囲気を肌で感じながら歩いてみてください。

ファタヒラ広場

 

View this post on Instagram

 

ناني ويداريさん(@naniwidari)がシェアした投稿


オランダ統治時代に市庁舎として使われていた建物は、今は歴史博物館になっています。

オランダ統治以前から独立までのインドネシアの歴史を知る事ができます。

そしてその前に広がる

ファタヒラ広場

今では大道芸や屋台やらですっかり観光地になっていますが、じつはオランダ統治時代は

公開処刑が行われた場所

だったのです。

すぐ近くにはインドネシア銀行博物館もあり、インドネシアの金融や貿易の歴史について学べます。

ジャカルタ南とは雰囲気が全然ちがう歴史的スポットがコタエリアです。

カフェ・バタビア

 

View this post on Instagram

 

Ratri Mudjonoさん(@mrs_ratri)がシェアした投稿

街歩きにつかれたら、レトロな雰囲気のバタビアカフェでコーヒーを飲んでたそがれるのもいいですね。

バタビアカフェは、旧オランダ東インド会社のオフィスをそのまま使っているので雰囲気がよくおすすめです。


また、ジャカルタのチャイナタウンもこの近くにあります。

通りはゴチャゴチャしているものの、ジャカルタで中華を食べるなら、

Jl.mangga besar 1か2あたりのお店

がおすすめです。


とくに日本人在住者に大人気の

「俺の餃子」

もここにあるので食べてみてくださいね。

3位.タマンミニ(Taman mini)

 

View this post on Instagram

 

正美さん(@namasayamasami)がシェアした投稿

スポンサーリンク

「小さな公園」という意味のタマンミニですが、全然ミニではなくとても広いので歩くの大変です。

他民族国家のインドネシアは地域によって文化や習慣の違いがかなりあります。

ジャワ語やスンダ語、バタック語などインドネシア各地の方言は外国語ほどちがうので、同郷の人以外はインドネシア語で会話するのが一般的です。

そんな各地の伝統衣装や習慣、伝統家屋を見ることができるインドネシアをギュッと凝縮したテーマパークがタマンミニなんです。

豪華な造りの伝統家屋は一見の価値があり、園内の池にはインドネシアの地図を模したミニインドネシアがもあります。

営業時間は基本的には年中無休で

午前7時から夜22時

までです。

2位.イスティクラルモスク(istiqlal mosque)

イスティクラルモスクは17年の年月をかけて建てられた東南アジア最大級のモスクです。

開放的な造りとそのスケールに圧倒されてしまいます。

現在は、観光客用の受け付けもあるので入りやすく、荷物を預けたりモスクの中に入るときのガウンの貸し出しもやっています。

「宗教的な場所なのでお遊び気分で行ってもいいのかな?」なんてと思いがちですが、日本ではイスラム教文化にふれる機会はすくないのでマナーを守って異文化を体験してみましょう。

わたしの苦い経験ですが、

以前半そで短パンでモスクを訪れた事がありますが、イスラム教のモスクでは女性の肌の露出はタブーなので注意され、ガウンを貸してもらえました。

モスク見学に行くなら、露出のすくない服装で行くことをおすすめします。

なお、

イスティクラルモスクに閉館日はありませんが、

オフィスアワー(9-17時)

に訪れるのが人がすくなくていいですよ。

また、

金曜日は集団礼拝の日なので、お昼の11時半頃から礼拝者が続々と集まってきます。

なので午後1時くらいまでとても混むので金曜日のこの時間は避けましょう。

1位.モナス(Monas)

 

View this post on Instagram

 

Ryohei Suzukiさん(@s_ryohei_08)がシェアした投稿

ジャカルタの観光地を一つだけ上げろと言われたら、ジャカルタのシンボルともいえるモナスを推します。

モナスは、ジャカルタの中心にあるインドネシアの独立記念塔で、ひときわ目立つ存在で、ド定番の観光スポットではありますが、ジャカルタに来たら一度は行ってみましょう。

モナスの意味ですが、

国家記念碑=monumen nasional

を略してモナスと呼ばれ、インドネシア独立の父でもありデヴィ婦人の旦那さんのスカルノ初代大統領によって建てられました。

頂上の展望台まで上がって市内を一望できたり、塔内にはインドネシア歴史博物館もあったり、夜にはライトアップされてキレイなのでデートコースにも最適ですよ。

そして週末のモナスの噴水ショーもいい感じです。

 

View this post on Instagram

 

A.K.Iさん(@artandact)がシェアした投稿

モナスの開園時間は

火曜日から日曜日の午前8時から午後10時

までで、月曜休みなので予定を立てる時には注意してくださいね。

また、

午後4時から午後7時までは展望台のエレベーターが止まるので気をつけてください。

噴水ショーは

土曜日と日曜日の19:30と20:30

からの20分間です。

ジャカルタ観光の必要日数とおすすめコース

ジャカルタの観光地を回る順番は?

2019年3月ジャカルタ都心部にMRTが一部開通しましたが、距離が16kmと短かすぎるので渋滞の解消が実感できる日はまだまだ先になるでしょう。

ジャカルタ観光は渋滞がつきものなので、予期せぬ渋滞で予定がくるうことはザラにあるので、時間に余裕をもったプランをご紹介します。

1日目:タマンミニで1日まったり

タマンミニはジャカルタ中心部から遠いのでタマンミニで一日まったりしましょう。

他の観光地へ行く事など考えず非日常的な時間を楽しんでください。

2日目:旧市街・モナス・イスティクラルモスクを回る

旧市街とモナス、イスティクラルモスクは近いので一日あれば余裕で回ることができます。

コタの旧市街は夜治安がすこしわるいので、午前中にコタの旧市街地をまわって、お昼を食べてからイスティクラルモスクとモナスを周ると丁度夕方くらいになります。

ライトアップや噴水ショーを待つなら、モナスの広場のまわりの屋台をブラブラしながら、イスティクラルモスクのとなりのキリスト教大聖堂にも立ち寄りましょう。

イスラム教とキリスト教、ことなる宗教寺院が隣接している風情は、インドネシアの多文化と多様性を物語っています。

3日目:最終日はショッピング

 

View this post on Instagram

 

Rivi Alvaroさん(@rivialvaro)がシェアした投稿

最終日は、観光地巡りもおわったことですし、お土産さがしやショッピングを楽しみましょう。

グランドインドネシアやプラザインドネシアだけでなく、時間に余裕があったらブロックMのパサラヤもたくさんのお土産品が売られていて楽しいですよ。

ただ、

ブロックMは日本人街ともいわれる場所ですが、今は昔ほどの活気がないので、時間があまったらスナヤンプラザやポンドックインダーなどのモールをぶらつくのもいいかもしれません。

ジャカルタ観光の必要日数は?

以上見てきたようにジャカルタ観光に必要な日数は3日で十分です。

それ以上でもそれ以下でもありません。

なので、

時間に余裕のある人は、3日以上の日数をジャカルタ観光に費やしても意味はないので、ジャカルタをぶらついた後は、バリやジョグジャなどほかの場所を旅することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

ジャカルタ観光名所ランキングと在住者オススメの観光地コースを見てきました。

観光地がすくないと言われるジャカルタですが、歴史や異文化を感じられ場所はたくさんあります。

世界最大のムスリム国家でもあり、多文化でのんびりした雰囲気のインドネシアの首都ジャカルタ、一度どんなもんかと回ってみるのも悪くない場所ですよ!

Sampai jumpa lagi

スポンサーリンク