Selamat siang!

バティックを着たことありますか?

インドネシアの正装がバティックに決められてからしばらく時間が経過しましたが、その独特のデザインに注目が集まっています。

今回は、

バティックの歴史と作り方・生地の種類、そしてインドネシアのビジネス正装でおすすめのバリ島のお店はどこか見ていきましょう!

バティックとは

バディックとはインドネシアのろうけつ染めでカラフルなデザインが特徴の生地です。

別名ジャワ更紗とも呼ばれることもあるバティックの発祥の地はジャワ島です。

ソロやジョグジャカルタ、プカロガンあたりの中部ジャワでバティックの服は昔から愛用されていました。

バティックは2009年にユネスコの無形文化財に認定されてから知名度が上がってきています。

そもそも、

バティックの起源は3,000年前のシュメール(メソポタミアの都市)で、その後西アフリカやインドネシアなどアジア各地に広まりました。

インドネシアでは8世紀のマタラム王朝時代にバティックが流行し、その後スラカルタとジョグジャカルタ王朝時代にも宮廷服としてつかわれました。

王宮の使用人がバティックのつくり方を田舎に持ち帰ったことでインドネシア全域でバティックが使われるようになり、19世紀はじめには庶民もバティックを日常的に着るようになり現在に至っています。

バティックの種類と作り方

ここからは、

バティックの種類について見ていきましょう。

バティックの作り方にはいくつかのパターンがありますが、どの製法でも使われるのは無地の白い布です。

主にコットンをつかうことが多いですが、シルクやレーヨンのバティック記事もあります。

20世紀初頭までバティックの種類はバティック・トゥリス(手描きバティック)だけでした。

第一次世界大戦後の1920年ころには、

バティック・チャップ(型押しバティック)

でも作られるようになりました。

手描きバティック(バティック・トゥリス)

バティック・トゥリスはチャンティンという器具をつかい溶かしたロウで布に模様を描いていきます。

ロウを置いたところは染料が付かないので、先ちがいの数種類のチャントゥンを使い分けて描いていきます。

また、広い部分にロウを置くときは筆のようなハケで絵柄を描きます。

  1. ロウを置く
  2. 染色
  3. ロウをはがす

という一連の工程を繰り返しながら絵柄を描いていきます。

緻密な絵柄のバティックは制作に2カ月以上かかるというのも納得ですね。

バティック・チャップ

バティック・チャップは

チャップと呼ばれる銅製の版

にロウをぬりながら布に型押しする製法です。

バティック・トゥリス(手描きバティック)より製造工程が簡単で量産しやく価格も安いのが特徴です。

しかし、

型押しも一つ一つ手作業なので、まんべんなく型を押すのに熟練の技術が必要です。

バティック・コンビナシ

バティック・トゥリスとバティック・チャップを組み合わせたものです。

連続模様はチャップで繊細な部分はバティック・トゥリスの技法をつかってバティックを完成させます。

プリントバティック

スクリーンプリントでバティック風の柄をプリントしたバティックです。

伝統的なバティックではありませんが、価格も安くデザインや色も豊富です。

夜店やマタハリなどで売られている

1000円~2000円

くらいの安いバティックシャツはたいていプリントです。

その他にも、

  • バティック・イカット・チュルップ(絞り染め)
  • 布に筆で直接モチーフを描いていくバティック・チョレット

などのロウをつかわない

なんちゃってバティック

もあります。

バティックはどんなときに着るの?

公務員や銀行員は金曜日はバティックを着なければなりません。

一般の会社でも金曜日は

バティックデイ

と呼ばれオフィスにバティックを着ていく人は多いです。

インドネシアで仕事をしている日本人もバティック好きは多く、金曜日にはバティックを着ている人が多いですよ。

なかには毎日バティックな人もいますが…..

きっとラフに着られるので楽なんでしょうね。

ところで、

インドネシアでは結婚式などのフォーマルな場所ではバティックを着ていけばまちがいありません。

日本のスーツにあたるのがインドネシアではバティックだからです。

ここで一点、注意点があります。

正装のバティックは長袖なのでフォーマルな場所では半そでバティックは着ないようにしてくださいね。

おすすめのバティック専門店

ここからはバリ島のおすすめのバティック専門店について見ていきましょう!

バティッククリス

バティッククリスはジャカルタやバリ島はじめインドネシア全域にお店があるバティック専門店です。

 

View this post on Instagram

 

Batik Kerisさん(@batikkerisindo)がシェアした投稿

バティックの既製服のほか、バティック製のテーブルランナーやティシューボックスカバーなどの小物もあります。

 

View this post on Instagram

 

KOLEKSI PROFESIONAL TERBARU MOTIF BAYU HAPSARI KEMEJA ( KODE 005-S7-GL-FS4U ) HARGA : SIZE 14.5/15/15.5/16/16.5 : Rp 386.000 SIZE 17 : Rp 425.000 SIZE 18 : Rp 464.000 SIZE 19 : Rp 502.000 SIZE 20 : Rp 541.000 BLOUSE LENGAN 3/4 (010-S7-TK-FS51) HARGA : SIZE SS-L : Rp 447.000 SIZE XL : Rp 493.000 SIZE 2XL : Rp 536.000 SIZE 3XL : Rp 582.000 SIZE 4XL : Rp 625.000 UNTUK PEMESANAN SILAHKAN CONTACT WA : +62 811-264-7167 (TEXT ONLY) Atau klik https://batikkerisonline.co.id/shop/kemeja-batik-formal-lengan-panjang-motif-bayu-hapsari/ https://batikkerisonline.co.id/shop/blouse-batik-lengan-3-4-motif-bayu-hapsari/ #batikindonesia #batikkeris #batikkerisonline #pusatkerajinannusantara #kemejabatik #blousebatik #batik

Batik Keris Onlineさん(@batikkerisonline)がシェアした投稿 –

こちらは、男性用バティックの長袖シャツと女性用ブラウスで、カップル用の色違いです。

メンズだと

3000~4000円代

レディースは

もうすこし割高の

4000円~5000円くらい

の価格帯です。

サイズによって値段がちがうのが特徴です。

使う生地の量を反映しているということでしょうね。

つづいてバティック・チャップのワンピースです。

スポンサーリンク

ワンピースタイプのバティックの価格は使っている生地の量がおおいからなのか

8000円~10000円前後

と割高です。

伝統的なバティックなので値段はプリントバティックにくらべると高いですね。

バリ島には

  • バティッククリス・ディスカバリーモール店
  • バティッククリス・クタ店

の2店舗あります。

ビンハウス

ビンハウスは、シルクバティックで有名なバティック専門店です。

 

View this post on Instagram

 

#batik #binhouse #ビンハウス #バティック

Reiko Ishikawaさん(@reihana64)がシェアした投稿 –

糸をつむいで布を織るところから最後まで全工程が手作業です。

洗練されたデザインと上質なシルク生地の組み合わせがいい感じですね。

和テイストなデザインもたくさんあるので、日本で着ても違和感ないバティックです。

ビンハウスのシルクバティックは丹念に作られているので値段はそれなりにします。

1.1×1.1mのシルクスカーフの日本での価格はなんと

59,400円

です。

バリ島のビンハウスのお店は、

  • Jimbaran Corner
  • ビンハウス・ディスカバリーカルティカプラザ
  • ビンハウス・マデズワルンII
  • ビンハウス・デンパサール国際空港店(国際線出発ラウンジ)

にあります。

バティックスマール


バティックスマールは全国展開しているバティックのお店です。

値段はバティッククリスよりもやや高めですがセールが多いので、セール時期をねらいましょう。

バリ島には

  • バティックスマール・モールバリガレリア
  • バティックスマール・リッポモールクタ

の2店舗出店しています。

可愛いバティック小物もあるよ

ここまで読んでバティックの服はカラフルすぎて日本で着る機会がなさそうだし…なんて感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな方にはバティックの小物なんていかがでしょう?

ジャワ島のバティック、バリ島のイカットを使ったバッグやポーチはおみやげにもぴったりですよ。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、インドネシアの伝統衣装バティックについて見てきました。

これからインドネシア旅行に行くなら、ジョグジャカルタでバティックづくりを体験をしてみるのもわるくありません。

世界でオンリーワンののオリジナルバティックを作るのもいい思い出になることでしょう。

Sampai jumpa lagi!

スポンサーリンク