“ヤルねしあん!”は、日本とインドネシアを連動するジャカルタ発コミュニティです。

インドネシアと日本の間でおもろいことをやることが目的で、インドネシア語学習サイトや海外移住、海外就職に関するプロジェクトを推進しています。

けーかん

keikan ヤルねしあん! インドネシア ジャカルタ バリ

スラマッシアン!

“ヤルねしあん!”ファウンダーのkeikanです。

ジャカルタ在住の日本人で、以前は警察で警部補として仕事をしていました。

警察では刑事や公安、機動隊、留置施設などさまざまな部署で勤務しているので警察社会の裏情報についても、気が向いたら書いていこうと思ってます。

また、

1日で1700,000PVのアクセス

を実現した実績もありWEBメディア集客が得意です。

現在は

ジャカルタの外資系商社に籍をおきM&Aをつかった新規ビジネス創造などに携わりながら「ネット空間×海外リアルビジネス」でブルーオーシャンな人生をイージーモードで楽しむ方法など発信しています。

keikan ヤルねしあん! 

インドネシアに興味ある方・インドネシア語学習者・海外移住や海外就職・ネットビジネスに興味がある人、気軽に声かけてくださいね!

べろにか

ベロニカ プロ奢

はじめまして、ベロニカです!

日本語と中国語をチェコの大学で勉強したアジア大好きスロバキア人です。

つかえる言葉は、ネイティブレベルで話せるのは、

  • スロバキア語
  • チェコ語
  • 英語
  • 日本語

で、日常会話程度なら

  • 中国語
  • フランス語(最近使っていないけどw)

かな。

どの国に行っても、その国の言葉を無意識に覚えようとしてしまうマルチリンガルです。

ちなみに、日本語検定は1級です。

インドネシア語はこのまえ行ったときちょこっと覚えましたが、忘れましたw

こんごヤルねしあん!で勉強してマスターする予定です。

さいきんは、

日本と東南アジアを中心に旅するように暮らしてます。

お仕事は、

  • 写真撮影
  • モデル
  • 17配信
  • 歌手
  • Twitterやブログ
  • 日本語や英語など各国言語の通訳・翻訳

といろいろやってます。

ベロニカ プロ奢

基本的に、

異文化体験が好きで人間観察に興味があるので、最近はいろんな人にインタビューしてます。

なので、旅だけでなく現地に住んでいる人と生活についても書いていきます!

そうそう、

インドネシアには2018年の5月に行きました。

最初にジャカルタに行ったんですが、ちょうどラマダーンの時期で周りの人から行くのを心配されました。

が、

行ってみると、未知の世界で楽しかったです。

断食している人たちに店内が見られないようレストランの窓にカーテンをかける心配りは、とても素敵だと思いました。

で、

ジャカルタからバリ島に飛んで10日ほど過ごしましたが、同じ国なのにまるで別世界なんですね。

バリは雰囲気がのんびりしていて、人が親切でずっと笑顔だし、山も海も満喫できて、心が癒されますよね~。

この世の中に天国があるのなら、それはバリ島にあるんじゃないかなと思いました。

こんど、

インドネシアへ行くときは、ジャカルタやバリ島だけでなく、マナドやパプアへも行く予定です!

ベロニカがマルチリンガルになった勉強法をチェックする!

↓       ↓

マルチリンガルが教える外国語勉強法!ベロニカメソッドで英語の次はインドネシア語と中国語をマスターしよう

てぃんぎー

ヤルネシアン

Selamat malam(こんばんは)

ジャカルタ移住7年目のTinggiです。

インドネシア女性との国際結婚に向けて、去年イスラム教に改宗したばかりの新米ムスリムでもあります。

イスラム教徒と日本人の国際結婚と改宗の方法は?インドネシアのムスリム女性の結婚式の服装や結婚指輪・結婚観を解説!

現在はインドネシアの大学で働きながらジャカルタ生活をエンジョイしています。

そもそも、

わたしがインドネシアにやって来た理由は「乗り鉄」の道を究めるため…?!

大学生のころ、高校の通学で毎日乗っていたオレンジ色の電車がインドネシアに輸出されることを知り、ジャカルタに会いに行ったのが初インドネシアでした。

このときの渡航目的は、電車を見に行くことだけでしたが

Tidak apa apa(いいよ、いいよ~)な空気感

にやられ一瞬にしてインドネシアに恋に落ちてしまったのです。

というのも、

今から10年前のジャカルタの街は、電車の屋根にたくさんの人が乗って移動したり、メトロミニが爆走し駅前は物売りがひしめきあうカオスな空間でした。

ヤルネシアン

「これこそわたしが生きるべき世界だ!」

と直感したわたしは秒速でここで暮らすことに決めたのです。

そして、

大学卒業後すぐジャカルタで仕事をさがし、2012年からジャカルタで生きています。

わたしのインドネシア移住生活のモットーは完全ローカル化生活です。

日々の移動手段はオジェック(Gojekではありません)とバジャイ、それに電車・バスで、タクシーすらほとんど使いません。

食事は基本的にはワルンクチル(ローカル屋台)ですませるなど一般のインドネシア人と同じ生活を目指してます!

ヤルネシアン

ここ最近は、

さらにインドネシアに根を張るため、インドネシア人の嫁さん探しの旅も同時進行していました。

その甲斐あって

現在は国際結婚の手続きなどで悪戦苦闘の日々をおくっています。

しかし、

「インドネシアでかわいい娘はスンダ人」

とよくいわれますが本当ですね!

….あ、それと、

ヤルネシアン活動のほかに、ジャカルタ鉄道特化ブログもやってるのでガチな乗り鉄は見てね~!

JABODETABEK