Selamat siang !

バリ島元ホテルスタッフのポッシです。

さっそくですが、ドリアン食べたことありますか?

「ドリアン見たことないけどクサイってことだけ知ってる」

なんて人もいるんじゃないでしょうか。

かく言うわたしもバリ島に来るまでは、食べるのはちょっと…って思ってましたが、今ではドリアンにはまってます。

今回は、

ドリアンの上手な食べ方と見分け方・注意点、匂いの原因や消し方、そしてマンゴーやマンゴスチン、ランブータンなどインドネシアの果物の値段について見ていきましょう!

おいしいドリアンの見分け方

ドリアンのおいしい季節は雨季です。

バリ島の雨期は十月ころから一月ころです。

バリ島では、雨季になると、トラックいっぱいに積んだドリアンを道端で売る販売者やドリアン屋台がたくさん現れます。

スーパーマーケットでも、丸ごとのドリアンや剥いた実をパック詰めしたものなどが売られています。

スーパーマーケットのカットされたドリアンは割高ですが、すぐ食べられるのでドリアン初心者にはおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ando Satokoさん(@andosatoko)がシェアした投稿

ドリアンは熟してないと実が硬くておいしくないし、熟しすぎだと実が赤くなりこれもおいしくないです。

ドリアンの売れ具合は割ってみないと分からないので、インネシアの人でもおいしいドリアンを見分けるのは難しいらしいです。

とはいうものの、おいしいドリアンを見分けるポイントはあります。

  • ドリアンの見た目が緑色のものはまだ熟していない
  • 熟してくると黄色からだんだん茶色くなるので、全体的に茶色っぽくなったらいい感じ
  • 食べごろになると外殻にパカッときれつが入り、ドリアンの濃厚な香りがプンプンしてきます

なので、

茶色くなり亀裂が入ったころが食べごろというわけです。

なお外見的に膨らみがあるものは、実が大きく詰まっている可能性が高いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kjsさん(@boo.be.boo)がシェアした投稿

反面、

茶色すぎなドリアンが安売りされてるのを見かけますが、茶色すぎると熟しすぎでおいしくないです。

なので、

やや若いドリアン(黄色いくらいのもの)を買って、自宅に保管して食べごろを待つのがおすすめですね。

このとき、ドリアンを冷蔵庫に入れて保管しないでくださいね。

ドリアンの上手な食べ方と食べる時の注意点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoko🇯🇵さん(@yokospage)がシェアした投稿

ドリアンのあのトゲトゲ、鋭いので気をつけましょう。

持ち帰るときは、吊るして持てるようお店の人がヒモをつけてくれるのもこのためです。

それと、ドリアンは食べ方にも注意が必要です。

それでは、

ドリアンの現地流のおいしい食べ方について見ていきましょう。

1.包丁でドリアンを真っ二つに割ります。

普通の包丁だとむずかしいので、ナタのように大きな刃があるものがいいです。

ナタをドリアンに振りおろして刺し、ヘタの部分から側面にかけて切れ目を入れます。

刃が大きな包丁やナタの場合は振り落として刺せますが、ふつうの包丁を使うときはトゲトゲに注意しながらサクサクと切れ目を入れてください。

このとき、トゲトゲでケガをしないよう軍手は必ずつけましょう。

2.ドリアンに切れ目をいれたら準備完了です。

下まで切れてなくても亀裂をいれ、手で押し広げてグッと押せば半分に割れます。

3.ドリアンの果実は幾いくつかの房に分かれています。

半分に割ったドリアンの両端をグッと押すと房が取れて、そこに入っている実を食べられます。

4.残りも同じ要領で切れ目を少し入れて房を割くようにグッと押すを繰り返すと、房ごと分かれて実を食べる事ができますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KazWoodSGさん(@kazwoodsg)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ドリアンがうまく割れて中から大きな実が出てきたとき時は、「やったー!」と達成感を感じますよ。

熟したドリアンの濃厚なクリーミーさは他の果物ではありえないレベルで、冷やせばまるでアイスクリームのようです。

おいしくて安いドリアンはどこで買えるの?

ドリアンの季節になると、ドリアンをいっぱい積んだ移動販売車やドリアンの屋台が街にたくさん出てきます。

なぜか同じ道ぞいにドリアンの屋台や販売車が並んでいることが多いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CENDOLDURIANPAKWANDIさん(@cendoldurianpakwandi)がシェアした投稿

ドリアンの値段ですが、スーパーマーケットでは1房むいてパック詰めしたものが1000円くらいで売られていますが、道端の販売所では丸ごと1つで1000円以下と格安です。

というか、

スーパーのドリアンが高いんですけどね。

なかには、一つ300円くらいの激安ドリアンもありますが、安すぎるものはおすすめしません。

安すぎるドリアンは、熟しすぎだったり実がスカスカだったりして外す可能性が大だから…

無難に1つ1000円くらいのドリアンを買ったほうがいいです。

ドリアンの屋台や販売車はスーパーマーケットより安い値段で買えるし、なんといっても、その場で試食できるのがメリットですね。

好みのドリアンを選び店の人に頼めば、かるく切れ目をいれて中を見せてくれ、さらにテイスティングできます。

お店が切れ目を入れてしまったドリアンを買わなかったらどうするのかすこし気がかりですが、安くすれば買い手がいるので問題ないそうです。

そして、お店の人におすすめのドリアンを教えてもらったり、「二つ買うから安くして!」なんて値段交渉できるのもドリアン屋台のいいところです。

値段交渉するには簡単なインドネシア語は必要なので、値切り単語だけ覚えてcobaしてください。

インドネシア語の買い物定番フレーズまとめ!値切りやボッタクリを防ぐ言い方も

ドリアンの匂いの原因と消し方は

ドリアンの匂いは強烈でいろいろ表現されますが、よく耳にするのは“生ゴミのようなにおい“ “ネギや玉ねぎが腐ったようなにおい”などです。

ドリアンの強烈なにおいの原因は、皮の内側からでるいくつかの成分にあります。

  • 何種類かの硫黄化合物
  • 20種を超える揮発性分
  • インドールと呼ばれる腐敗たんぱく質

などがドリアンの匂いの原因のようです。

ドリアンを食べたあとは口や手もドリアン臭くなるので、外で食べるときはにおいを消したいものです。

ローカルの人は、ドリアンの実をとったあと皮の内側に水をいれて口をゆすいだり手を洗えばにおいがとれると言います。

ドリアンの皮にはにおいを消す効果があると言われるものの、その効果は謎です。

わたし個人的には効果があるとは思えないので、手を石鹸で洗った方が確実です。

ドリアン以外のおすすめのインドネシアの果物は?

南国のインドネシアは、ドリアン以外にもおいしいトロピカルフルーツがたくさんあります。

日本ではあまり見かけない南国の果物もインドネシアだと格安で食べることができます。

それでは、インドネシアのおすすめ果物を3つご紹介しますね。

マンゴスチン

まずは、果物の女王と言われるマンゴスチンです。

旬の季節は11月から2月頃です。

手でむいて簡単に食べられるのがいいところです。

マンゴスチンの食べ方は、ヘタと底の部分を持って潰すように押すと、皮に切れ目が入るので、そこから皮をむいていけば実が出てきます。

皮をむく時は、マンゴスチンの皮の紫の色素は服につくとなかなか取れなくないので注意してくださいね。

マンゴスチンの皮にも栄養があり、サプリメントにもなっていて、疲労回復や美白に効果があるそうですよ。

ランブータン

ランブータンは、赤い実に毛が生えたような見た目のトロピカルフルーツです。

手でつるんとむいて食べれるので、ついついたくさん食べてしまいます。

味はライチの酸味を軽くしたようなあっさりした味です。

ランブータンの旬も11月から2月ころです。

マンゴー

日本では高価なマンゴーですが、インドネシアでは安く売られていて、さらにおいしいです。

インドネシアのマンゴーの値段は、

  • スーパーマーケット→1キロ(小さめの3つくらい)→400円くらい
  • 屋台や販売車→1キロ250円くらい

で買えます。

マンゴーの季節は、8月から11月頃です。

インドネシアのイチゴやミカンはどうなの?

反面、

日本でよく食べるイチゴやミカン、リンゴなどの果物はインドネシアにもあるものの、甘みがなくておいしくないです。

なので、

インドネシアではドリアンやマンゴー、マンゴスチン、ランブータンなど南国ならではのトロピカルフルーツを楽しむのが正解と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、

ドリアンの上手な食べ方と見分け方・注意点、匂いの原因や消し方、そしてマンゴーやマンゴスチン、ランブータンなどインドネシアの果物の値段について見てきました。

日本ではあまり見かけることのないドリアンですが、独特のにおいに食べるのを躊躇している人も多いと思います。

まずはドリアンのチョコレートやクレープ、アイスクリームから試してみるのもいいですよ。

でもやはり、

熟して甘い本物のドリアンが一番おいしいんですけどね。

Sampai jumpa lagi.

スポンサーリンク