Selamat siang!

バリ島在住のケポです。

何年か前バリ島に旅行に行った時、デンパサール空港で一人35ドル払った。到着ビザっていうの?家族4人で140ドルも掛かっちゃった。しかもカード使えないからドルの現金持ってかなきゃいけなくて。それって今もあるの…

 

って質問さいきん多いんです。

2014年ころまではショートステイでもビザ代はらわないといけなかったのですが、いつの間にか払わなくてもよくなりました。

そのころは空港のVOAカウンターもメチャメチャ混んでましたが、さいきんは到着ビザ(VOA/ビザオンアライバル)の運用もだいぶかわっています。

今回は、

インドネシアの観光ビザ免除と到着ビザ(オンアライバル)で35ドルは必要なのか、そしてVOAの取得・延長手続きを見ていきましょう!

インドネシアの観光ビザ免除はいつから?

 

View this post on Instagram

 

Ryoji Taniさん(@tanisekkei)がシェアした投稿

以前は、3泊4日のインドネシア滞在でも、かならず

35USドル(Rp490,000)

が必要でした。

しかし、

2015年6月12日

からは短期間の観光目的の到着ビザは免除になっています。

ビザが免除になるのは、

到着日をふくむ30日以内

で、

出入国カードも廃止になりました。

あ、パスポートの有効期限は

6か月以上の余白スペース

が必要なことはかわりませんよ。

観光ビザ免除で入国できる場所は?

観光ビザ免除で入国できるのは、当初

インドネシアの5大国際空港と8海港のみ

でした。

しかし2019年現在は、

29の空港、88の海港、7の陸路チェックポイント

でビザなしで出入国ができます。

VOAとは?

ところで、

観光ビザが免除になったのになぜVOAは廃止にならないのでしょうか?

くりかえしますが、ビザが免除になったのは

30日以内の観光

にかぎられます。

観光目的でも

30日を越える場合

は到着ビザを取得しなければなりません。

到着ビザの延長は、インドネシア国内の出入国管理局で1回だけ30日間の延長をすることができます。

なので観光目的の場合、

合計60日

までインドネシアに滞在できるというわけです。

また

就労をともなわないビジネス目的の滞在

もVOAでいけます。

就労を伴わないビジネスとは

  • 商談
  • 展示会
  • セミナーへの参加
  • 商材の買い付け

などです。

要は、

VOAで工場訪問はできないので注意してくださいね!

VOAの取得手続きを確認!

つづいて、

ビザオンアライバルの入手方法を見ていきましょう。

到着ビザ(現地空海港にて取得)

滞在可能日数 30日間(現地入国管理局にて30日の延長可)
査証料金 US$35 (カード不可・USドルのみ)
査証取得が可能な空港・海港 空港:ジャカルタ(スカルノハッタ、ハリム)メダン、バリ、マナド、スラバヤ、パカンバル、バリクパパン、スラカルタ、パダン、マカッサル、クパン、ジョクジャカルタ、マタラム、バタム、バンドン、アチェ、パレンバン、スマラン、ポンティアナック海港:ジャカルタ、バタム、ビンタン、タンジュン・ピナン、バリ(バドゥン、カランアセム)、シボルカ、ジャヤプラ、ドゥマイ、パダン、ベラワン、クパン、マカッサル、タンジュン・バライ・カリム、タンジュン・マス、ビトゥン、マウメレ、パレパレ、スラバヤ陸路:エチコン(西カリマンタン)

引用:https://www.id.emb-japan.go.jp/visaJ.html#row4

まず、到着ビザの申請に必要なものは

  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上あり、査証欄の余白が連続して2ページ以上必要)
  • 帰路または第三国へのチケット
  • US$35(USドル現金のみ)

です。

日本での手続きは必要なく、到着ビザは1回だけ延長することができます。

クレジットカードだけでなく日本円やルピアも使えないので、USドルの現金を用意してくださいね。

バリ島ではインドネシアルピア払いできることもありますが、米ドルを用意したほうが無難です。

 

View this post on Instagram

 

saba25さん(@saba25315)がシェアした投稿

まずはじめに、

「Visa on Arrival」カウンターで35USドルを払い2枚綴りの領収書をもらいます。

このとき日付の確認を忘れないでくださいね。

入国審査ブースで

  • パスポート
  • VOAの領収書
  • 乗ってきた飛行機のチケット

を提示し、VOA入国である旨をつたえます。

スポンサーリンク

空港によっては通常の観光客とは並ぶ列がちがったり、別室に通されることもあるので注意してください。

ちなみにバリ島のングラライ空港の場合はIndonesianと表示のある列です。

そこで入国審査官に

  • 旅行目的
  • 同伴者
  • 滞在先

などいくつか質問されます。

このとき、帰りのチケットの提示を求められることもあるので用意しておきましょう。

そして、

パスポートが返却されたら

  • VOAのシールが貼られていること
  • 入国印が押されていること

を確認しましょう。

入国印の日付も必ず確認してくださいね。

もしVOAシールが貼られてなくて、かわりにビザ免除(Visa Exemption)の緑色のスタンプが押されていたら、その場でかならず訂正してもらいましょう。

空港で「日本人はビザいらないよ~。」と言われビザ免除の入国審査ブースへ案内されることがあるので注意してくださいね。

ビザ免除で入国したあとVOAやビジネスビザへの変更はできないので、のちのち面倒なことになること確実なので…

それと、VOAのレシート半券(For applicant)を返してもらうのと領収書の日付の確認もお忘れなく!

入国審査の前にかならずVOAカウンターでビザ代の支払いを済ませてからレシートを受け取ってください。

VOAの延長方法

 

View this post on Instagram

 

Filmmakerさん(@youngglucher)がシェアした投稿

VODの延長はインドネシア国内のイミグレで1回にかぎり30日間の延長ができます。

この場合、

ビザを延長する本人が滞在期限の7日前までに申請してくなければなりません。

わたし個人的には余裕をもって10日くらい前に申請することをおすすめします。

延長に必要なものは

  • 延長手続きの申請書(出入局管理局の事務所で配布されています)
  • パスポートの原本とコピー(有効期限が6ヶ月以上あり空白の査証欄が十分にあるもの)
  • 取得ずみのVOAページのコピー(空港でVOAを取得していることが大前提)
  • 帰路のチケットまたは第三国へのチケット

出入国管理局によってはこのほかに

  • 滞在中の保証人の身分証明書のコピー
  • VOAのレシート

などの提示を求められることもあるので、事前に確認してくださいね。

延長のとき6ヶ月以上パスポートの残存期間が必要なので、インドネシア入国のときには7ヶ月以上の余白が必要です。

VOA2ヶ月延長予定の人は注意してくださいね。

なお、

VOAの延長の手続きを自分でする場合は3回出入国管理局に行かなければなりません。

それでは、

VOAの延長手続きの流れを見ていきましょう。

1回目のイミグレ訪問

まず申請書を記入できたら、発券機で番号券を受け取り順番を待ちます。

番号が呼ばれたらカウンターに行き書類を提出し、もう一度呼ばれるのを待ちます。

バーコード入りの受領書を受け取ってから次回日程を確認します。

通常は2~4日後くらいです。

支払いは、二回目の訪問前に銀行ですませます。

イミグレの受領書を銀行のカウンターに提出してVOAの支払いをしたいと話してください。

355,000ルピアを支払い領収書を受け取ります。

イミグレの受領書と銀行の領収書は次回イミグレに行くまでなくさないよう保管してください。

2回目のイミグレ訪問

指定日の指定された時間に出入国管理局に行ってください。

今回は

  • 写真撮影
  • インタビュー

です。

VOAカウンターで銀行の領収書を提示して番号券を受け取ります。

番号が呼ばれたら部屋に入り書類を提出します。

そこで、

  • インタビュー
  • サイン
  • 写真撮影
  • 指紋押捺

をします。

その日のうちにパスポートがもらえる管理局もありますが、バリ島では数日かかります。

イミグレの受領書に次回日程が記載されているのを確認してください。

3回目の訪問

指定された日時に出入国管理局に行きます。

カウンターで受領書を提示して名前が呼ばれるのを待ちます。

そして、

名前が呼ばれたらサインをしてパスポートを受け取り、延長のスタンプを確認して完了です。

一説では延長は

  • 写真撮影日から30日
  • 最初のVOAの期日から30日

のいずれかと言われていますがケースバイケースなようですね。

VOA(ビザオンアライバル)はエージェントを使うのもあり?

  • 30日のビザの延長のために3回も入管に行くのはかったるい
  • 言葉も自信ないし…..

という人はエージェントをつかったほうがいいかもしれません。

もちろん写真撮影とサインのためイミグレに一度は行く必要がありますが、時間の無い人やスポンサーのいない人にはおすすめです。

ただし、

ビザ取得にかかる費用は倍になりますけどね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、

インドネシアの観光ビザの免除と到着ビザ(オンアライバル)で35ドルは必要なのか、VOAの取得・延長手続きについて見てきました。

まとめると、

30日以内の観光目的の滞在には到着ビザがいらなくて、30日以上滞在する場合は到着ビザを取得してください。

わかりにくいインドネシアのビザですが、短期間の旅行ではビザなしで行けるで気軽にバリ島に遊びに来てくださいね~

 

Sampai jumpa lagi !

スポンサーリンク